活動紹介-ぴゅあクラブ- ステップクラブ・思春期&児童期親サロン

群馬県自閉症協会では、知的な発達に遅れがないタイプを、高機能部会ぴゅあクラブ(略称ぴゅあクラブ)として活動しています。

このページでは、ぴゅあクラブの児童期〜思春期(未就学児〜中学生まで)の親サロンと、ステップクラブ(体育館遊び)について紹介します。

 

ステップクラブ(体育館遊び)について

自閉症の子どもは体幹が弱いことが多く、姿勢を保持することが難しいことも珍しくありません。

  • 腕や肘を付いていないと座っていられない
  • 筋力が少ないので、すぐに疲れて寝転びたがる
  • 体を動かして遊びたがらない
  • 運動量が少ないので筋力がつきにくい

こういった良くないループは、なんとかしてあげたいですよね。

でも、自閉症なので、公園や一般の体育館で遊ぶのは大変。

「思い切り体を動かして遊ばせてあげたい」という想いから、ステップクラブは、はじまりました。

 

ステップクラブは、主に第2日曜日の午後13:30〜前橋サンアビリティーズ体育館で行われています。

活動内容は、体育館遊び。

「ラジオ体操をしましょう」「リズム体操をしましょう」といった強制はありません。

子どもたちは、ときには一緒に、ときには一人で、思い思いに遊んでいます。

 

思春期&児童期親サロンについて

自閉症の子どもたちだけで遊ぶのは難しいため、基本的に親も体育館にいることになります。

形式的には茶話会のようなもので、近況を報告しあったり、情報交換や困りごとの相談をしています。

就学や進学、学校の教師との接し方など、年齢が上のお子さん本人や、保護者の意見はとても参考になります。

年に1回、群馬県自閉症協会から群馬県へ提出している要望書に載せる内容の一部として、思春期&児童期の親サロンでもご意見をいただいています。

 

開催日時・開催場所

  • 主に第2日曜日 ※開催しない月もあります。詳しくは、予定カレンダーでご確認ください
  • 午後13:30〜16:30
  • 前橋サン・アビリティーズ体育館

 

参加方法

お手数ですが、参加希望の人数(おとな・こども)を記入の上、開催の前日までに担当者へメールでご連絡ください。

ステップクラブ・思春期・児童期親サロンでは、簡単なおやつを用意しています。

はじめて参加する方は、アレルギーの有無、好きなものや嫌いなものをお伝えいただけると助かります。

 

参加費

ステップクラブの参加費は以下の通りです。

自閉症協会正会員(大人) 100円
子ども(非会員含む) 100円
非会員(大人)  500円

 

タイムライン

おおよそのタイムラインは、以下の通りです。

13:30より遅く来られるのも、16:30より先に帰られるのも自由です。

お気軽にご参加ください。

13:30 開始
15:00 おやつ
16:00 片付け・清掃
16:30  解散

 

ステップクラブで利用可能な遊具

ステップクラブには、多くの地域の企業様から寄付をいただいています。

ご配慮いただいておりますことに、この場をお借りし、心より感謝申し上げます。

ご寄付いただいた遊具は、子どもたちが楽しく使っています。

 

トランポリン

センターに手すりが付いたタイプのトランポリンです。

力いっぱい飛び跳ねる、ボールと一緒に飛ぶなど、思い思いの遊び方をしています。

自閉症の子どもは、「くるくる回る」、「飛び跳ねる」といった行動が好きなことが多いこともあり、みんなトランポリンが大好きです。

 

ウェイブバランス・バランスストーン

 

自閉症の子どもは体幹が弱いことが多いため、遊びながら体幹を鍛えられるウェイブバランス・バランスストーンは、積極的に遊んでもらいたい遊具のひとつです。

 

ストラックアウト

ボールを投げて数字パネルを倒して遊ぶタイプのものです。

ボールの速度がないと数字パネルが倒れにくいので、未就学児には少し難しいです。

 

ソフトフライングディスク

布製のフライングディスクは体に当たっても痛くないので安全。

怖がりなお子さんでも楽しめます。

グローブにはマジックテープが付いているので、触れるだけでキャッチできます。

子どもたちは、キャッチボールのように交互に投げたり、一度に複数枚投げるなど、思い思いの遊び方をしています。

 

カプラ

カプラは積み木のように積み上げて遊ぶ、木製のブロックです。

自分の背よりも高く積んだり、組み合わせ方を変えて幾何学的な模様を作るなど、想像力次第でいろいろな遊び方ができます。

 

その他、群馬大学の学生サークル「たんぽぽ」さんのご好意で、遊具をお借りしています。

いつもありがとうございます。

たんぽぽさんのご厚意でお借りしている遊具

 

ボランティアについて

群馬大学の学生サークル「たんぽぽ」さんがボランティアで参加してくれます。

2021年5月現在:新型コロナウイルス感染症の影響により活動休止中とのことで、当面の参加予定はありません。

※現在ボランティアの募集はしておりません。

 

前橋サンアビリティーズについて

前橋サンアビリティーズは、正式名称を障害者教養文化体育施設といいます。

障害のある方の機能回復や健康増進に加え、教養文化の向上、コミュニケーション、スポーツレクリエーションを目的とした施設です。
原則として障害のある方は、無料で利用可能です。
但し、その利用に支障がなければ、障害のある方以外の方々も体育室のみ、有料で利用可能です。(利用料金表のとおり。)

引用元:前橋市ウェブサイト

ステップクラブ、思春期・児童期親サロンは主に、体育館、教養文化室(和室)をお借りしています。

新型コロナウィルス感染症に関する情報などは、前橋市ウェブサイトをご参照ください。

 

まとめ

開催場所:前橋サンアビリティーズ

開催日時:主に第2日曜日 午後13:30〜16:30 詳しくは、予定カレンダーでご確認ください。

参加方法:参加希望人数を記入の上、担当者へメール

参加費:100円(自閉症協会正会員・子ども)、500円(非会員)

ご持参いただくもの:体育館で履く靴

この記事をSNSでシェアしよう!